So-net無料ブログ作成
検索選択

熱気球墜落、4邦人死亡=飛行中に爆発、19人犠牲―エジプト

【ルクソール(エジプト)時事】エジプト南部ルクソールで26日午前7時半(日本時間同日午後2時半)ごろ、観光遊覧飛行中の熱気球が爆発、墜落した。エジプト保健省や現地の本物ルイヴィトン ダミエアズール 病院関係者によると、日本人4人を含む乗客19人が死亡した。
 日本の旅行代理店大手JTBの子会社は、主催したツアーに参加した東京都在住で60代の夫婦2組の死亡を確認した。同社のツアーはカイロの旅行代理店「トライウェイズ」が請け負っていた。
 気球にはエジプト人操縦士1人と乗客20人が乗っていた。目撃者によると、着陸しようとした際に爆発が起きて炎上しながら急上昇し、操縦士を含め約10人が次々と飛び降りた。操縦士と英国人1人が命を取り留めた。約5分後に約300メートル離れた地点に墜落し、その本物ルイヴィトンダミエグラフィット 場で10人の遺体が発見されたという。現地入りした在エジプト日本大使館員によると、犠牲者の遺体はルクソールの空港に搬送され、同日中に軍用機でカイロに着く予定。
 ルクソールの病院は、死亡した日本人について、ツゲ・カズオさん、ツゲ・ハルミさん、テラダ・ヤスヒデさん、テラダ・アサコさんの4人だと明らかにした。
 乗客名簿によれば、気球には日本人4人以外では中国系9人、本物ルイヴィトンダミエジェアン英国人3人、フランス人2人、ハンガリー人1人、エジプト人1人が搭乗。
 事故を起こした気球を運営していたのは「スカイ・クルーズ」社。1989年創業で従業員は約50人。同社スタッフは時事通信の取材に対し、「操縦士は約10年の経験があるベテランだ。突然、ガスボンベが爆発した」と語り、偶発的な事故だったとの本物ルイヴィトンエピバッグ認識を示した。地元当局は事故を受け、ルクソールでの気球の運航を禁止する措置を取った。 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。