So-net無料ブログ作成
検索選択

マック販売不振、世界に拡大 1―3月期の純利益3割減

マクドナルドが22日発表した2015年1~3月期決算は、世界全体シャネルスーパーコピーの純利益が前年同期比33%減の8億1150万ドル(約970億円)、売上高は11%減の59億5890万ドル(約7150億円)と、減収減益だった。期限切れ鶏肉問題が起きた日本に加え、米国や欧州でも顧客離れが止まっていない。

 世界の既存店売上高は2・3%減。地域別では、日本を含む「アジア太平洋中東アフリカ地域」は8・3%減と大幅な落ち込みで、鶏肉問題が発覚してから低迷が続いている。新興ファストフードチェーン店に顧客を奪われている米国では2・6%減。欧州でも0・6%減となり、販売不振は世界中に拡大している。

 同社をめぐっては、3月1日に最高経営責任者(CEO)だったドン・トンプソン氏が販売低迷を受けて事実上ロレックスコピー の引責辞任をした。新しいCEOのスティーブ・イースターブルック氏が経営再建を進めている。(ニューヨーク=畑中徹)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。