So-net無料ブログ作成
検索選択

香川の元同僚チチャリート、896日ぶりの歓喜。見据える先は11度目のビッグイヤー

現地時間22日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、レアル・マドリー対アトレティコ・マドリーの一戦が開催された。シャネルスーパーコピー1stレグはスコアレスドローで終えた両チーム。続く2ndレグでは“勝ったチームが突破”という緊張感の中で、試合を決めたのは出場機会に飢えていたストライカーだった。

 ハビエル・エルナンデス――。愛称は“チチャリート”、意味は「小さなエンドウ豆」。母国メキシコで偉大な実績を残した父親が、生まれた際に緑色の瞳をしていたことからついたニックネーム“チーチャロ”(エンドウ豆)に由来している。

 彼らのキャリアはメキシコの名門クラブでスタートした。チバス・グアダラハラで実績を残したチチャリートは世界屈指のロレックスコピー 名門クラブであるマンチェスター・ユナイテッドへとステップアップを果たす。サー・アレックス・ファーガソン監督(当時)のもと、類稀なる得点感覚でスーパーサブとして得点を量産。プレミアリーグ移籍後3シーズン連続で2桁得点を記録するなど、同監督から大きな信頼を得ていた。

 しかし、2013/14シーズンにデイビッド・モイーズ監督が就任すると、ロングボール主体のスタイルに順応できず、シーズン4得点と得点力は鳴りを潜めた。マンチェスターでの生活に苦しんだチチャリートは、当時チームメイトだった香川真司(現・ドルトムント)とともにクラブを去る決断を下した。

 苦悩するストライカーに目を付けたのが、マドリーだった。アルバロ・モラタをユベントスへと放出し、ロレックス スーパーコピー ストライカーの補強を検討していたマドリーは1年間の期限付き移籍でユナイテッドからチチャリートを獲得した。

 だが、スペインでのプレーも決して楽なものではなかった。今季のリーグ戦では14試合で4得点(32節時点)。ベンゼマ、ベイル、C・ロナウドの“BBCトリオ”の牙城を崩せず、ベンチが定位置となっていた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。