So-net無料ブログ作成
検索選択

米上院、新司法長官の指名承認 黒人女性初のリンチ氏、27日に就任

ワシントン=加納宏幸】米上院は23日の本会議で、オバマ米大統領が次期司法長官に指名したニューヨーク連邦地検(東部地区)シャネルスーパーコピーのロレッタ・リンチ検事正(55)の人事案を賛成多数で承認した。27日に就任する予定で、黒人女性として初の司法長官となる。

 イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に米国人が参加する問題や米国内でのテロ対策、白人警官が黒人男性を射殺する事件が相次いでいる問題などへの対処が課題だ。

 オバマ氏は、昨年9月に辞意を表明した黒人初のロレックスコピー 司法長官であるホルダー氏の後任として、11月にリンチ氏を指名していた。

 だが、11月の中間選挙で上院の多数を握った共和党は、オバマ氏が不法移民の市民権取得に道を開く移民制度改革を大統領令で実現しようとしていることへの見解をリンチ氏に求めるなどし、同氏の人事案は党派対立の対象となっていた。承認は指名から5カ月以上もかかった。

 オバマ氏は23日、上院による承認を受けて声明を発表しロレックス スーパーコピー 、リンチ氏が「民主主義の基礎となる公平で平等な司法のために生涯をかけて戦ってきた」と強調。刑事司法改革やサイバー犯罪などの新たな脅威との戦いに期待感を表明した。

 リンチ氏はハーバード大法科大学院出身。1997年のニューヨーク市警によるハイチ移民暴行事件を担当。オバマ氏は指名に当たり、リンチ氏が公民権に関わる同事件を担当したことを最大の業績としていた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。