So-net無料ブログ作成

楽天ならではの「革新的なスマホ」がまもなく登場――平井副社長が予告

楽天モバイルが「Xperia」を販売、LTE対応Windowsタブレットなども

 楽天モバイルは4月20日に「ZenFone 2」をラインアップに加えており、今回発表したXperia J1 Compact、シャネルコピー そしてAndroidタブレットの「MeMO Pad 7 ME572CL」「LaVie Tab S TS708/T1W」、Windowsタブレットの「YOGA Tablet 2-1051L」を春夏モデルとして売り出す。4月23日に開催された説明会では、強化された製品ラインアップに加え、もう1つのスマートフォン新機種が登場することも予告された。

 楽天副社長の平井康文氏は「スマートフォンの“3機種目”は(この場には)無いんです。残念ながら現時点で発表できないが、楽天、そして楽天モバイルならではの、革新的なスマートフォンを近々に発表したい」と明言した。

 デザインやスペック、価格帯などの詳細は不明だが、「幅広いユーザーセグメントの方に受け入れられる、独自のエクスクルーシブなものにしたいシャネルスーパーコピー。今は最終の準備をしているので、もうしばらくお待ちいただきたい」(平井氏)とのことで、他キャリアでは購入できないオリジナル端末になる可能性が高い。

 同じ月額料金で使える通信容量を増やすなど、コスト競争の激しさが増しているMVNO業界。セット販売する端末もロレックスコピー 、従来のエントリークラスやミドルクラスといったいわゆる格安スマホから、より高性能なモデルへ移行しつつある。また日本通信(b-mobile)が独自端末をうたう「VAIO Phone」を発売するなど、価格面以外での差別化を図る動きも出てきた。

 平井氏は「スマホ事業は楽天経済圏とのタッチポイントを強化するもの」と述べ、競争には魅力あるデバイスの存在が不可欠という考えを示した。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。