So-net無料ブログ作成
検索選択

<終末期医療>「望む治療」書面3%…「賛成」7割と大差

病気が治る見込みがなくなり死が近づいたとき、自分が望む治療を事前に書面化すること(事前指示書)に賛成する人は約7割に上るが、ルイヴィトンベルトこのうち実際に作成している人は約3%にとどまることが、厚生労働省の調査で分かった。事前指示書の法制化に対しても半数以上が消極的で、賛否と実際の行動とのずれが浮き彫りになった。【大場あい】
 意識調査は、今年3月実施。一般5000人▽医師ら医療福祉従事者9600人▽病院などの施設長4200人--を無作為に抽出して調査用紙を郵送。6902人から回答を得た(回答率36.7%)。
 その結果、自分で判断できなくなった場合に備え、ルイヴィトンマヒナ 事前指示書を作成することに賛成するのは一般が69.7%で、医師や看護師、施設介護職員も7割以上が賛成した。うち、実際に作成しているのは一般3.2%▽医師5%▽看護師・施設介護職員3.5%だった。
 また「事前指示書に従って治療を決めることを法律で定めてほしいか」との質問に対し、「定めなくてもよい」「定めるべきでない」が一般53.2%で、医師も71.3%と多数を占めた。
 調査結果は、27日の終末期医療に関する意識調査等検討会(座長=町野朔・上智大教授)で公表された。委員からはルイヴィトン財布コピー「自分のことは自分で決めたいと考えるが、法律などで画一化することは望んでいない人が多いのではないか」などの意見が出た。

<元検事総長・吉永さん死去>「休み年1日」仕事の鬼

「ロッキードの吉永」「ミスター検察」と呼ばれた元検事総長のルイヴィトン ダミエアズール吉永祐介さんが亡くなった。政界疑獄など戦後史を物語る数々の事件を手がけた東京地検特捜部を代表する検事の一人だった。
 「特捜部の捜査は山の稜線(りょうせん)を登るようなもの。一歩間違えば谷底だ」。牛乳瓶の底のような眼鏡が光った。1993年12月、検事総長の就任会見で、ゼネコン汚職事件の捜査について聞かれ、語気を強めた。自分に厳しく、決して甘い見通しを語らない人だった。
 76年のロッキード事件当時は東京地検特捜部副部長。主任検事として辣腕ルイヴィトンダミエグラフィット (らつわん)をふるい、後年「1年間に休日が1日しかなかった」と振り返った。またリクルート事件(89年)では現場を指揮する東京地検検事正。同年5月の捜査終結会見で「非常に長く、経験したことのない難しい捜査だった」と振り返り、現場を思いやった。
 92年。東京佐川急便事件で、金丸信・元自民党副総裁を罰金20万円のルイヴィトンダミエジェアン略式起訴処分とした際に検察批判が噴出。新築されたばかりの検察合同庁舎の看板にペンキがかけられた。こうした難局で検事総長に指名され、信頼回復に尽力した。
 特捜部でロッキード捜査を共に担当した河上和雄弁護士ルイヴィトンエピ 「生真面目で仕事熱心。仕事が趣味のような人で、半生を検察庁にささげた」と語った。

元検事総長吉永氏が死去=ロッキード事件で元首相起訴

 ロッキード事件、リクルート事件などの捜査で辣腕(らつわん)を振るい、モノグラムデニム財布 「検察の鬼」と呼ばれた元検事総長吉永祐介氏が23日、死去した。81歳だった。岡山県出身。
 岡山大法文学部在学中の1952年、司法試験に合格し、55年に検事任官。40年余りの検事人生のうち、東京地検特捜部在籍は13年8カ月に及んだ。共和製糖事件、日通事件など戦後を代表する事件の捜査に携わり、最大の疑獄事件といわれるロッキード事件では特捜部副部長として主任検事を務め、田中角栄元首相(故人)らを受託収賄罪などで起訴した。
 東京地検検事正時代には、藤波孝生元官房長官らが有罪となったリクルート事件のモノグラムマルチカラー 捜査を指揮。政官財界に広くばらまかれた未公開株の実態を明らかにした。
 広島高検検事長を経て「最終ポスト」と見られていた大阪高検検事長となったが、92年の金丸信元自民党副総裁(故人)違法献金事件で、検察捜査の在り方が批判されると、威信回復の切り札として呼び戻され、東京高検検事長に就任した。
 93年12月、捜査畑出身としては異例の検事総長に。勇退までの2年間、特捜部はゼネコン汚職や2信組事件の捜査で政界にメスを入れ、退任の記者会見ではルイヴィトンダミエ「国民の信頼を十分得られたと思う」と振り返った。

職務の書き込み慎重に=ツイッター暴言で通知―総務省

総務省は28日、国家公務員がツイッターなどのソーシャルメディアを私的に利用する場合のモノグラムヴェルニ 留意点をまとめ、各府省に通知した。復興庁の水野靖久参事官(当時)がツイッターで暴言を繰り返していた問題を受けたもので、職務に関しては書き込む内容だけでなく、書き込みをするかしないかも含め慎重に判断するよう求めている。
 通知はソーシャルメディアについて「匿名でも過去の発信から組織が特定される恐れがある」モノグラムイディールとして、軽率な発信が国家公務員の信用失墜につながる危険性があると指摘した。
 また、仕事に専念するため勤務時間中に書き込みをしないよう強調。このほか、発言が所属する組織の見解でないと断っておくことや、面識のない相手からモノグラムアンプラント「友達」申請を受けても安易に許可しないよう求めた。

組長射殺 財津容疑者、6~7年前から関東潜伏 殺人罪などで起訴

平成9年8月、指定暴力団山口組の最高幹部だった宅見勝・宅見組組長=当時(61)=ら2人が射殺された事件で、約16年間の逃亡の末、ルイヴィトンモノグラム 兵庫県警に殺人容疑などで逮捕された元暴力団中野会(解散)組員、財津晴敏容疑者(56)が、少なくとも6~7年前から関東方面を転々としていたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。
 神戸地検は同日、殺人と銃刀法違反の罪で財津容疑者を起訴した。ルイヴィトンバッグ 起訴内容を大筋で認めており、地検は今後、裁判員裁判の対象事件からの除外を検討する。
 捜査関係者によると、財津被告は事件直後の9年9月、神戸市内の銀行で定期預金を解約し、現金約1500万円を引き出して逃走。その後、関東周辺に少なくとも6~7年前から潜伏していたという。ただ、逃走後の足取りや協力者について「一切言えない」と供述しているという。
 起訴状などによると、財津被告は9年8月28日、別の中野会系組員らに指示し、スーパーコピー 神戸市中央区のホテル4階の喫茶店で宅見組長を射殺。隣のテーブルにいた歯科医の男性=当時(69)=を流れ弾で死亡させたなどとされる。

抗議デモ、止まらず=10人以上拘束、けが人も―ブラジル

 【ベロオリゾンテ(ブラジル)時事】サッカー・コンフェデレーションズカップの準決勝ブラジル対ウルグアイ戦が行われたブラジル・ベロオリゾンテで26日、政府に抗議する5万人規模のスーパーコピー デモがあった。
 ルセフ大統領は24日、デモ参加者の要求を受け入れ、公共交通網の充実など対応策を打ち出した。しかし、デモがやむ気配はなく、沈静化はしばらく先になりそうだ。
 ベロオリゾンテでは、準決勝の試合開始前から市街地に多くの人が集結し、ルイヴィトンバッグ 「政治家の汚職をなくせ」などと訴えスタジアムに向けて行進した。
 参加者の一部は暴徒化し、軍警察に投石し、道路沿いの車の販売代理店に火をつけた。軍警察側は5500人を投入し、催涙ガスやゴム弾で応戦。10人以上を拘束した。負傷者は約25人に上った。
 ベロオリゾンテの行政当局は、デモに先立ち、26日を休日に指定。市内のルイヴィトンモノグラム 商店は暴動に備えて軒並みシャッターを下ろした。デモは、ほかに首都ブラジリアやサンパウロ、リオデジャネイロなどでも行われた。 

高野山真言宗、金剛峯寺執行長に添田氏を選出

宗教法人・高野山真言宗(総本山・金剛峯寺、和歌山県高野町)は25日、資産運用のあり方を巡る混乱の責任をとって金剛峯寺執行長(しぎょうちょう)を辞任した庄野光昭氏(70)の後任に、添田隆昭・蓮華定院住職(66)(同町)を選出した。

 執行長は同宗の宗務総長を兼ね、任期は7月5日から4年。ブランドコピー添田氏は京都大卒で、高野山高の校長などを務めた。

ローラさんの父親に逮捕状 海外療養費詐取の疑い 被害1千万円以上か

知人が一時帰国中に入院したように装い、国民健康保険ボッテガヴェネタ財布 新作2013海外療養費を詐取したとして、警視庁組織犯罪対策1課は、詐欺容疑で、タレントのローラさんの父親で、バングラデシュ国籍のジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者(53)の逮捕状を取った。昨年8月に出国し、出頭要請を拒否しており、同課は国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配した。
 同課によると、ジュリップ容疑者は詐欺グループの指南役で、バングラデシュの病院関係者に依頼し、偽造書類を作成。遅くとも平成19年ごろから、10人以上のボッテガ 2つ折り財布バングラデシュ人に偽造書類を使って海外療養費計1千万円以上をだまし取らせ、一部を報酬として受け取っていたとみられる。
 ジョリップ容疑者は21年12月、バングラデシュ人の男(45)=同容疑で逮捕=が同国に一時帰国中、同国内の病院に赤痢などで1カ月間入院したとする嘘のボッテガヴェネタ 三つ折り財布書類を東京都世田谷区役所に提出し、海外療養費など計約87万円をだまし取った疑いがもたれている。
 男は「日本は簡単にお金をくれる。ジョリップ容疑者が書類を作ってくれた」ボッテガヴェネタ 長財布 と供述しているという。

覚せい剤193キロ密輸容疑=鉄鉱石に隠す、3人逮捕―兵庫県警など

 覚せい剤約193キロ(末端価格135億円)を鉄鉱石に隠し密輸したとして、ボッテガヴェネタ ショルダーバッグ兵庫県警薬物銃器対策課などは25日までに、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)容疑で、メキシコ国籍の無職サンチェス・コルデーロ・フロレンティーノ容疑者(36)=神戸市灘区船寺通=ら3人を逮捕した。
 3人は「覚せい剤が入っているとは思わなかった」などと容疑を否認。ボッテガヴェネタ トートバッグ同課は国際的な密輸グループが関与しているとみて調べる
 逮捕容疑は5月4日、鉄鉱石のような物の中に覚せい剤約193キロを隠し、メキシコから神戸港に密輸した疑い。
 同課によると、覚せい剤は鉄鉱石に似せて作られた入れ物182個のボッテガ ヴェネタ ハンドバッグ中に隠され、鉄鉱石68トンに紛れ込んでいた。 

タレント・ローラさんの父親、詐欺容疑で逮捕状

国民健康保険の海外療養費をだまし取ったとして、警視庁は25日、バレンシアガ 財布 新作2013東京都世田谷区弦巻、バングラデシュ国籍の調理師アミン・ショリフ被告(45)(詐欺未遂罪などで起訴)を詐欺容疑で逮捕した。
 同庁は、同じ手口で海外療養費を詐取しようとしたなどとして、同被告のほかに同国人3人を逮捕、犯行の指南役として、ジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者(53)についても同容疑で逮捕状を取った。同容疑者はタレントのローラさんの父親。
 発表によると、ショリフ被告は2009年12月、バングラデシュのボッテガヴェネタ新作病院で約1か月間、重い心臓病で入院治療を受けたとする虚偽の診断書を同区役所に提出し、海外療養費約87万円をだまし取った疑い。
 ジュリップ容疑者は、ショリフ被告に詐欺の手口を教え、療養費の半額を受け取っていたという。昨年8月、同国に逃亡しており、同庁は、ボッテガヴェネタバッグ 新作2013電話などで出頭を呼びかけるとともに、現地警察に協力を求めて行方を追っている。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。